ジェイゾロフトとサインバルタの副作用の違い

離脱症状の差がある

ジェイゾロフトは、うつ症状やうつ病の原因となるモノアミンとよばれる脳内伝達物質のうち、気分や落ち込みや不安を改善させるセロトニンの量を増やすお薬です。

 

 

作用機序としては、神経伝達物質は神経に伝わると回収され、これを再取り込みといいますが、この再取り込みを阻害するものです。

 

 

この働きをするものをSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)といいます。

 

 

ジェイゾロフトは副作用が比較的少ないお薬ですが、嘔吐、下痢、不眠などの副作用が見られることがあります。
効果が出るには2週間ほどかかりますが、一日1錠で効果が持続します。

 

 

サインバルタは、セロトニン、ノルアドレナリン再取り込阻害薬といって、SNRIと呼ばれています。

 

 

ノルアドレナリンは、意欲や気力を改善させます。

 

 

副作用としてはSSRIと同様に下痢や口の渇きなどが見られますが、SSRIに特徴的な睡眠への悪影響がなく、効果の発現も1週間程度と早いメリットがあります。

 

 

サインバルタは依存性の点で、減薬時の離脱症状が時々問題となっています。
剤型としてカプセルしかないため、錠剤と違い半分に割るなどの細かい調整ができず徐々に減らしていくことが難しいからです。

 

 

その点では、ジェイゾロフトは、徐々に減薬することが可能です。
耐性形成としては、いずれも長期服用で耐性形成されますので、徐々に服用量が増えることがあります。

 

<スポンサードリンク>