ジェイゾロフトとパキシルの副作用の違い

ジェイゾロフトの方が新しい

ジェイゾロフトとパキシルの副作用の違いは効果がなくなった時に一番わかりやすい。

 

動悸、震え、怯え、脱力感が一番感じやすい症状です。

 

 

パキシルを継続して飲み続けると依存性も高くなり、飲まないと不安、飲めば安心。それが依存する傾向だと思います。

 

 

それに比べるとジェイゾロフトは即効性があり、効果の維持を感じる事が少なく、朝、夕の2回服用も調子によって夕だけに調整する事も出来ます。耐性形成についての比較はパキシルのほうが覚醒的でありやる気が出やすい薬のようで、ジェイゾロフトは耐性形成を考えるとあまり感じにくい薬のようです。

 

 

依存性から考えればパキシルのほうが強く感じます。

 

 

服用の基準として、ジェイゾロフトは朝、夕の2回迄に対してパキシルは朝、昼、夕の3回服用迄処方される薬です。

 

 

製造された順番から考えても、パキシルは数年前からある薬の為か効果はあるが副作用が強く、ジェイゾロフトはごく最近の薬なので、副作用が少なく効果のある薬として開発されているので幾分、安心感はあるかと思われます。抗うつ剤を服用するにあたって副作用はつきものですが、依存性もつきものです。

 

 

主治医と相談しながら注意点を考慮し、処方してもらうことが、大切ではないでしょうか。
副作用、依存性より効果を求めるならパキシルが効果があるのかもしれないです。

<スポンサードリンク>