ジェイゾロフト依存性

期間と耐性形成

ジェイゾロフトは他の抗うつ剤に比べると依存性が低く、離脱症状も起きにくい薬だと言われています。
しかし中には耳鳴りがしたり、手足がしびれたり、さらにめまいや吐き気、発汗などを感じる人もいます。
こうした症状が起きてしまう原因の一つが、抗うつ剤を利用していて体がそれに慣れてしまったという事です。
その為、急にジェイゾロフトを利用しなくなると体がバランスを取る事ができなくなり、めまいなどの症状が出てしまう事が有ります。

 

その為、依存性が低い薬と認識されていますが、必ずも依存性が起きない、100%そういう可能性がないという訳ではありません。
中には発症してしまう人もいます。
では発症しやすい人の特徴とは一体どういう物でしょうか。

 

依存性を発症しやすい人の特徴の一つは、長期間ジェイゾロフトを利用している人です。
一般的にとても使いやすい抗うつ剤として知られており、世界各国で利用されています。
しかし長期的に利用すべき薬ではないので、長く使えば使うほど依存性があると言っても過言ではありません。
大体2年から3年以上使うと依存性が発症しやすくなってしまう傾向にあるので、長期利用によりもし何らかの変化を感じている場合は減薬はタイミングを見ながら慎重に行う事がとても重要です。