ジェイゾロフト副作用母乳

母乳に混ざる?

ジェイゾロフトは、抗うつ剤のひとつで、ゆっくりとした効き目であることから、効果があらわれ始めるには、およそ二週間を要します。
それだけ体への負担も少なく、副作用が抑えられています。

 

 

ジェイゾロフトの作用は、神経へ働きかけることにより、落ち込んだ気分や不安感を解消します。
具体的にはセロトニン分泌に影響を与える事により、気分調節をスムーズにします。

 

また、
その不安要素が脳に巡らないようにするために、神経の伝達を遮断することになります。
そうしますと、体全体の神経系統は、一時的にバランスを崩し、部分的に緊張状態を作り出します。

 

 

授乳中の場合、神経系統の乱れが生み出した緊張感により、順調だった母乳の出方を鈍らせることがあります。
母乳は、体がリラックス状態であることで、出方をスムーズにさせて良質さを作り出します。

 

また、授乳中にジェイゾロフトを服用していますと、母乳を通じてジェイゾロフトの成分が流出するおそれがあります。
乳児への具体的影響については報告がありませんが、安全を見越して、使用を見合わせることが賢明です。

 

 

母乳は血液から作られています。
薬は血液内含まれた上で脳に作用しますので、その過程で母乳に混ざりこむことは避けられません。

 

母乳を飲んだ赤ちゃんにすぐに影響が現れなかったとしても成長過程で、
どのような影響が出るのかはハッキリしていないのです。

 

 

育児中は精神的にも追い詰めれるお母さんが多いです。
まずはカウンセリングなどの薬物外の対応から行うのが安心かと思います。

関連ページ

ジェイゾロフトの副作用が現れる期間
ジェイゾロフトの副作用が現れる期間について
眠気とは?どんな感じ?
ジェイゾロフトの副作用としてある具体的症状の眠気
飲み始めから1週間ほど続くジェイゾロフトの副作用
1週間ほど続くジェイゾロフトの副作用について
目に出る副作用は?
ジェイゾロフト服用時に目に出る副作用の具体的症状
肝臓への影響
ジェイゾロフトの副作用による肝臓への具体的影響について
薬が理由の不安感原因とは?
ジェイゾロフトによる副作用である不安感の原因
副作用での攻撃性の原因
ジェイゾロフトの副作用である攻撃性の原因について
副作用口内炎の対処法
ジェイゾロフトの副作用による口内炎の対処法
副作用で太るのは1%未満?
ジェイゾロフトの副作用で太る事について
尿が出にくい原因とは?
ジェイゾロフトで尿が出にくい副作用の原因について
ジェイゾロフトで痩せる怖い理由とは?
ジェイゾロフトで痩せる怖い理由について