ジェイゾロフト副作用目

白目の変化に注意

「ジェイゾロフトでは重い副作用がほとんど出ない」とは言われていますが、まれに重い副作用が出ることがあります。
もし、目に次のような具体的症状が出た場合はすぐに医師に報告した方がよいでしょう。

 

 

白目や皮膚が黄色くなり、尿が茶褐色になっている場合は、肝臓に重い症状が出ています。
黄疸の状態です。

 

 

吐き気や発熱、発疹、吐き気やだるさを併発したらすぐに医師に報告した方が良いでしょう。

 

 

目が充血していて発疹が出たり口内がただれたりしている場合は、
皮膚や粘膜に重い症状が出る可能性があります。
精神疲労や肉体疲労が重なってしまったりすると弱い粘膜部分に強く副作用が
出てしまう事も少なくありません。

 

体調や体力、疲労状態は一つの判断基準として重要な視点になります。

 

 

白目をむいて全身が痙攣している時は、
意識の混濁や混乱から意識がなくなることもありますので、注意してください。

 

 

元々肝臓が悪い人、てんかん、緑内障、気分障害の躁状態などの病歴がある人は、
症状が悪化することがあるので、慎重にジェイゾロフトを服用しないといけません。

 

 

また、パーキンソン病に用いるセレギリン併用すると重い副作用である
「セロトニン症候群」を起こすことがあるので、禁忌事項です。

 

これは減っているセロトニンが逆に増えすぎてしまった事によるものです。
中毒症状といっても良いかもしれません。

 

 

飲み合わせの悪い薬やアルコールと併用した時も、副作用が出やすくなります。
普段から飲んでいる薬がある人は、おくすり手帳等を医師に見せましょう。

<スポンサードリンク>

関連ページ

ジェイゾロフトの副作用が現れる期間
ジェイゾロフトの副作用が現れる期間について
眠気とは?どんな感じ?
ジェイゾロフトの副作用としてある具体的症状の眠気
飲み始めから1週間ほど続くジェイゾロフトの副作用
1週間ほど続くジェイゾロフトの副作用について
肝臓への影響
ジェイゾロフトの副作用による肝臓への具体的影響について
薬が理由の不安感原因とは?
ジェイゾロフトによる副作用である不安感の原因
母乳への影響は?
ジェイゾロフトの副作用と母乳への具体的影響について
副作用での攻撃性の原因
ジェイゾロフトの副作用である攻撃性の原因について
副作用口内炎の対処法
ジェイゾロフトの副作用による口内炎の対処法
副作用で太るのは1%未満?
ジェイゾロフトの副作用で太る事について
尿が出にくい原因とは?
ジェイゾロフトで尿が出にくい副作用の原因について
ジェイゾロフトで痩せる怖い理由とは?
ジェイゾロフトで痩せる怖い理由について