ジェイゾロフト副作用

ジェイゾロフト副作用と代用食品の体験談

ジェイゾロフトの副作用が心配です。。。

ジェイゾロフトはSSRI(抗うつ薬)の1つになります。
感情コントロール物質であるセロトニン増強がメインの目的になります。

 

 

日本での処方が開始されてから、まだ10年程度であり

 

 

比較的、女性に効果があるとされています。
その為、副作用で悩む方も女性が多いとされています。

 

 

SSRIと比較すると副作用は少ないとされていますが、
無いという事はありません。

 

 

当サイトでは

  • ジェイゾロフトの副作用情報
  • ジェイゾロフトなどの抗うつ薬の代用食品

>>代用食品の詳細
についてお話して参ります。

 

 

【ジェイゾロフトの副作用】

他のSSRIと比較して多く確認されている副作用は
性機能障害があります。

 

ここで夫婦間や恋人間に問題が起きてしまうケースが多いとされます。

 

男性においては
勃起・射精障害などになります。

 

また、軟便・下痢も多いとされています。
その他

  • 血圧低下作用によるふらつきやめまい
  • 眠気
  • 不眠(眠れないのではなく、深く眠れない)
  • 長期間服用での肥満

 

高齢者や妊婦の服用には注意が必要です。

 

高齢者ではふらつきやめまいなどによる転倒

 

妊婦では、ジェイゾロフトが母乳へ移行する為、赤ちゃんへの影響。

 

依存性は?

 

もちろん、1番心配されているは依存性になります。

 

これは薬に体が慣れてしまう耐性形成と連動しています。

 

ニュースになる事も増えてきました。
※音が出ます

 

「あれば安心」

 

から

 

「なくては不安」

 

になります。

 

そして副作用との悪循環が始まります。

 

 

食品で代用は可能か?

 

これについては私が実際にいくつか試した上で、1番良かった食品をご紹介しておきます。
あくまで私個人に対して効果を感じたものですが、安心の為の参考にして頂けたらと思います。

 

 

私がジェイゾロフトなどの精神薬を飲み始めたのは30歳前半の頃です。

 

はじめはデパスやセルシンなどの抗不安薬やマイスリーなどの睡眠導入剤を服用していました。
そこから三環系抗うつ薬と呼ばれるジェイゾロフトなども副作用するようになってきした。

 

 

ですが、半年ほど服用して、副作用が怖く、
安心する為に飲んでいる薬が不安で眠れないという悪循環に入ってしまいました。

 

 

セロトニン増強の食品

 

セロトニン増強を太陽に当たることや、食事で行おうとすると時間や量が凄いことになります。

 

なので、セロトニン増強が期待できる睡眠サポート栄養機能食品を試しました。

 

栄養機能食品は、国が定める栄養学・医学的基準値を超えているものなので安心できます。

 

睡眠サポート系のモノはいくつか試しましたが、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬の代用で使用されているのはこちらだけでした。

 


>>試した栄養機能食品の詳細

 

 

 

初めて飲んだ時に印象は、他の睡眠サポート系サプリと比べると
美味しくないなぁ、という感じでした。

 

ですが、評判が良かったのと栄養機能食品という点で
逆に良薬口に苦しかな?と妙に納得しました。

 

 

グレープジュースで割ったら、独特のニオイも味も消えました。

 

 

代用としての効果は?

 

とりあえず1ヶ月試そうと思ってましたが、
定期便で現在も利用しています。

 

私個人で感じた大きな変化としては、
「薬に頼らなくても大丈夫かも?」

 

という心理的な安心感だったと思います。

 

 

というのも、飲み始めて1週間ほどしたある日。

 

 

いつものように就寝30分前に飲んでみたところ、
みぞおちのモヤッとした黒い感覚がス〜っと消えた感じがしたんです。

 

 

この経験が大きな安心感につながって、まず寝付きが良くなりました。

 

薬に頼る回数も減ってきています。

 

 

詳しくは、これから更新していきますので、
よろしくお願い致します。

 

 

今回試した代用食品は、安いものでもないのですが、
一生薬漬けになるよりはマシと思ってます。

 

 

私が購入した時点ではこちらのサイトでお試し期間でした。
(終了していたらスミマセン)
>>http://kokoronoaojiru
.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ジェイゾロフト副作用・概要>

ジェイゾロフトとは、SSIR系の抗うつ薬の1つとなります。海外ではかなり昔から使われていましたが、日本ではごく最近発売されるようになった薬です。ジェイゾロフトは効果もある程度しっかりしていて、副作用も少ないため外来患者に対して多くの場合処方される薬なります。安全性の高さが1番の理由かもしれません。他の抗鬱剤と比較すると、若干効果は弱くなります。ですがその分副作用も少ないとされているため、使いやすいと言うことになります。ですが、副作用が少ないと言う事だけであって、全くないと言うわけではありません。ジェイゾロフトを飲み始めてから1週間の間は、多くの場合吐き気や胃の不快感を感じる方が多いようです。多くの場合は2週間ほどで帰りされるとされていますが、長い方では、数ヶ月続いてしまい継続することがとても辛くなってしまうケースもあります。また、性別の差によって、ジェイゾロフトの効果に違いが出ています。ジェイドロフトは、神経伝達回路に作用し、セロトニンの分泌図を促す薬になります。ジェイゾロフト一般的には圧倒的に女性に対して効果が確認されている薬なります。男性にもないわけでは無いのですが、女性に比べると3分の1程度の改善率となっています。この原因については詳しく解明されているわけではありません。ジェイゾロフトの副作用として、女性が嫌悪をする肥満の作用がほとんどないといったことがこういった結果につながっているとも言えます。ジェイゾロフトの具体的な効能としては、気分調整障害や、うつ病直前の、不安を改善することに対して効果的であるとされています。そもそもSSRIは、選択的セロトニン取り込み阻害薬です。神経伝達間の間のセロトニンの濃度増加することが目的になっていて、これをもとに不安を和らげる薬となっています。似ている薬にルボックスやパキシルがあります。基本的に使用する量としては、基本的な服用量は100ミリグラムとなっています。最初の段階から25ミリグラムずつ、ある一定の期間をあけながら増量していくことになります。
このため副作用の期間を考慮しながら、100ミリグラムまで到達するためには、30日ほどかかることになります。ジェイゾロフトが使いにくい副作用が強いと悩んでいる方の場合、多くの場合、本格的にジェイズロフトの効果を実感するために長い時間を要することが問題になっているかもしれません。また、ジェイゾロフトは、使い易い薬だけに重度のうつ病患者に対しては効果としては物足りない薬となっているようです。またジェイゾロフトは、一般的な抗うつ薬と違い、ドーパミンに対しても作用すると言われています。ドーパミンは楽しい気分にしてくれる神経伝達物質となっています。こういった部分の効果が、女性に対して効果を発揮している理由になっているのかもしれません。
ドーパミンに作用するといってもジェイゾロフトは基本的にセロトニンに対してしっかりと作用する薬となっています。そのため副作用が出にくいと言われています。ですが服用者の、体力、体調、精神的な環境、肥満レベル、疲労レベル、等によっては副作用が現れてしまうことも考えられます。特に高齢者等によっては注意が必要です。場合、自己判断による薬の急激な増量や、急激な薬の中止などが問題になります。その他飲み忘れてしまったり、飲んだことそのこと自体を忘れてしまっているケースも考えられます。自分ではしないうちに、薬の乱用につながっていってしまうケースが多いのが高齢者の特徴です。ジェイゾロフト系の抗鬱薬で最も心配されているのが、依存性です。薬を長い期間をしていると、だんだんと耐性がついてしまうため、それまでと同じ分量の薬では効果を実感することができなくなってきてしまいます。そしてもともとのうつ病などの苦しみから逃れのために、どんどん薬の量を増やしてしまうと言う問題です。SSRI系の薬の場合、攻撃性などの問題も報道されています。長い間依存してしまっている状態で、急激に薬の中止を行った場合など、禁断症状から、攻撃的な性格に変貌してしまう事も懸念されます。ジェイゾロフトを使う場合、ご自分の症状に対してしっかりと判断することが重要です。症状があまり深刻ではなく、仕事や学校をしっかりと継続しながら治していきたいと言う場合にはバランスの良いでしょう。
ですが、精神的にかなり不安定で、いろいろな薬物に対して頼ってしまっているという場合には、いちどしっかりと医師に相談して、自分に必要な薬を選び直すようにしましょう。また、未成年や妊婦、高齢者の服用に関しては周りの人間がしっかりと見守ることが重要です。特に妊婦に際しては、母体に対する副作用の心配もありますが、母乳に混ざり込んでしまった成分による赤ちゃんに対する悪影響も心配です。


ホーム RSS購読 サイトマップ